TOP お問い合わせ
ホーム > 三栖閘門資料館の歴史 > 三栖閘門の歩み(誕生)


三栖閘門の歩み 誕生

着工からおよそ3年をかけて 1929年(昭和4)3月31日に完成。

●建設目的
建設当時の説明図陸上交通が発達していなかった江戸時代から明治時代には、京都〜大阪間を結ぶ淀川舟運が重要な輸送手段となっていました。その流通拠点となっていた伏見港は「京都の玄関口」として繁栄していました。
1918年(大正7)に始まった淀川改修増補工事により、1922年(大正11)から着手した宇治川右岸の観月橋〜三栖の間の築堤工事により、伏見港と宇治川との船の通航ができなくなりました。
このため、淀川へとつながる宇治川と濠川との間を船が通航できるよう、1929(昭和4)3月31日、宇治川と濠川との合流点に三栖閘門を建設しました。


●建設中の三栖閘門
建設中の三栖閘門

建設中の三栖閘門


●建設費用
三栖閘門の建設は、淀川改修増補工事のなかで最も大規模な工事であり、その費用は30万1,241円13銭と莫大な額でした。
(当時の大卒初任給が約70円)


●構造
主要寸法 閘門延長:有効長83m、閘室長73m
閘門幅員:扉室8m、閘室11m
扉室構造 塔 :鉄筋鉄骨コンクリート 長さ:3.0m 幅:3.0m 高さ:16.6m
基礎:鉄筋コンクリート井筒
   前扉室:長さ11.0m 幅9.0m 高さ4.0m
   後扉室:長さ11.0m 幅11.0m 高さ4.0m
閘室構造 側壁:ラルゼン型鋼矢板 長さ7.0m、コンクリート張(勾配1:1.5)
   底版:沈床、詰石(厚さ0.6m)
ゲート 形式:鋼製ストーニーゲート 前扉:9m×5m、W=23.6t
              後扉:9m×9m、W=37.6t 
巻上機:電動チェーン式(カウンターウエイト付)


誕生活況衰退保全


▲三栖閘門資料館の歴史へ戻る


ホーム > 三栖閘門資料館の歴史 > 三栖閘門の歩み(誕生)
国土交通省 近畿地方整備局 淀川河川事務所